« AGP Aperture Sizeを制限する | トップページ | DVカメラでアナログレコーディング »

2005.03.22

狭いぞ!ゴルフトゥーラン

納車から三日、170kmほど走った。

慣らし中だが、山坂道メインだから、エンジンブレーキを使うとすぐに4,000rpm以上回ってしまう…。
気を付けなくっちゃね(笑)。
おとなしく走っているこの三日間の平均燃費は10.5km/lとの表示だ。

さて、左の写真はドライバーズシートの基部。
収納ボックスの上にスライドレールが載っているデザインだから、この様に下げて使うと収納ボックスが邪魔な感じ。
助手席も同様だ。
で、案の定、靴を引っかけちゃうんだよね。まぁ、慣れの問題だけど。
冬場はレッドウィングのセッターが多いから、特によく踵を引っ掛ける。


右の写真は二列目シート。三列目シート畳んだ状態で、一番下げたトコ。
わかっちゃいたけど、思った以上に狭いです。

モビリオは、三列目シートを畳んだ時に、二列目シートを更に下げられる工夫があった。
国産車には大抵そんな工夫があって、使い勝手は良い。

実は、右の写真の状態だと、二列目シートの左右はリクライニングできない。
リアタイヤハウスに当たっているのです。だから、スライド量も写真の状態がデザイン的に目一杯なんだろう。
二列目センターシートを外し、左右のシートを内側配置のキャプテンシート状態にすれば、リクライニングはもうちょっと可能だ。
しかし、ガレージを持たないと、シートを外すってなかなかしないよね。

とまぁ、一列目シートの快適さの犠牲になるのが、二列目シートという次第。
せっかく旅客機然のテーブルまで設えてるのに、こう狭いと活用できないじゃん…。
もう10センチホイルベースが長けりゃなぁ(苦笑)。


左は二列目シートの基部。
3つあるシートそれぞれにレバーが付いているのが見える。
スライド用のレバーだ。動作範囲が狭いくせに、レバーは大きく張り出している。
はっきり言って、邪魔!

娘達はチャイルドシートやジュニアシートに掛けるので、車の中で動き回ることをしない。って言うか、させない(笑)。
だから、わが家はゴルフトゥーランに納得している。
しかし、車での移動中、パッセンジャーは決められた席にじっと座っているなんて、例外だろう。
パッセンジャーはきちんと座ってシートベルトを装着!なんて、そんなことが励行されていれば、これほどのミニバン人気もないか?(苦笑)


トラヴィックの軽トラポジションじゃないけど、ドライビングポジションを工夫して、短いキャビンの短所を補ってやらないと使い難いようだね。

二列目シートの分割スライドにこだわったけど、どうもポイントはそこじゃなかったな。
あのボディ長なら、ザフィーラ/トラヴィックのキャビンの方が、広く使えるのだろう。

一列目シート天井中央にある収納ボックスによる張り出しや、ラゲッジルーム天井のハイマウントストップランプによる張り出しなど、微妙に邪魔。
大雑把な訳じゃないのだけど、狭さに慣れない設計と申しましょうか?ユーティリティに関しては、日本車の方が日本人に合ってますねぇ。

|

« AGP Aperture Sizeを制限する | トップページ | DVカメラでアナログレコーディング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/3388133

この記事へのトラックバック一覧です: 狭いぞ!ゴルフトゥーラン:

« AGP Aperture Sizeを制限する | トップページ | DVカメラでアナログレコーディング »