« セカンドPC稼働 | トップページ | ホンダ ストリーム »

2005.02.07

『ハウルの動く城』を観た

今更ながら、ハウルの動く城を観た。

周りの評価がイマイチなものばかりだったので逡巡していたが、とても面白かった。

複線を張りっぱなしで謎の答えが提示されていないとかレビューによく出てきているが、釈然としないトコとかはほとんど無かったけど…。

以下、ネタバレです。


ソフィーの呪いは、荒れ地の魔女がサリマンに力を奪われた時に失効したのだろうね。
公式HPのキャラクター紹介を見ると、「若さを呪縛のように感じ、自分が何をしたいのか分からない娘」とある。
呪いの半分は、ソフィーが自分自身にかけていたもの。荒れ地の魔女の力がほとんど無くなってからは、彼女自身の呪縛だった訳だ。
だからこそ、彼女の感情のあり方に応じて、その姿も変わったのだろう。

戦争のきっかけは、隣国の王子の失踪に起因してると見るのが素直かな。
それ以前にも緊張はあっただろうが、ちょっと第一次大戦を彷彿とさせてるのかも知れない。

穿った見方をすれば、カブ頭にしたのはサリマンかな?
動機は、戦争を口実にハウルを呼び戻すという、ただそれだけのこと。
魔法で兵士(弟子?)を化け物にして戦場へ駆り出す様な魔女である。自分の後継者たるハウルのためなら、人の命など何万人犠牲にしようが意に介さない。なぁんて雰囲気を感じたけど、ひねた見解?

だからこそ、ハウルが戦っていた。サリマンの元へ戻るくらいなら、ひとりで戦争を終わらせることを選んだのだろう。
心は少年の時のままな訳で、あまり良いやり方ではないのは、子供の考えることだからってことか?


『千と千尋の神隠し』の方が、すっきりと分かった気がしなかった。
『ハウルの動く城』は、巷で言われているほどに、解答が用意されず放置された伏線が多いとは感じなかったし、感情移入もそれなりにできたし、とても期待に違わぬ面白さだった。
尤も、悪い前評判を聞きすぎたから、評価が甘くなっているきらいはあるかも知れない。
尚、取り沙汰された声優の件だけど、ハウルの声は、トトロのおとうさん役並だった。しかし、ソフィーの声は老けすぎで、違和感が大きかったな。

|

« セカンドPC稼働 | トップページ | ホンダ ストリーム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/2818181

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハウルの動く城』を観た:

« セカンドPC稼働 | トップページ | ホンダ ストリーム »