« セカンドPCの復旧 | トップページ | 冬将軍の猛威 »

2005.02.01

日産ラフェスタ

日産ラフェスタに試乗した。

雪の中小1時間ほど、家族を乗せて適当に乗り回させてもらった。

借りたのはラフェスタ20SのFFモデルで、売りのパノラミックルーフにナビゲーションシステムをオプション搭載したもの。
車両価格は200万をちょっと超えると思われる。


総合的には「乗り換え候補には入らないな」って印象。
みーちゃん氏的には、内装がチープな感じがイヤだそうだ。ボク的には、エンジンフィールが下品って印象。
CVTを採用してるのに、息継ぎはするし、ゲボゲボってエンジン音はどうよ?(苦笑)
まぁ、試乗車が偶々悪かったのかも知れないけどね。

以下は勝手なインプレです。


エクステリア
無駄はあると思うけど、決して嫌いではないスタイル。
両側スライドドアの元祖、プレーリーの純粋後継車に相応しく、上手にまとめていると感じた。
両側スライドドアを使ってしまうと、普通のドアのクルマは使い難くて仕方なく思えてしまう。
しかし、車高が低いのはいただけない。プレーリーは背高なイメージがある。
立体駐車場での利用を勘案しつつ、できるだけ車内高を得るエクステリアデザインが好ましい。
使い勝手の良さは、美しさにも通じると思っている。


インテリア
ほぼ完全にフラットな床は使い勝手が良い。
黒に近いグレーのインテリアカラーだったが、天候が雪ということもあって暗い感じはファミリーカーに似合わない。
プラスチックの質感もチープな上、ダッシュボードデザインも野暮ったく感じた。
明るい色の内装なら、もうちょっと見映えが良いかも知れない。

パノラミックルーフは子供たちに大人気だったが、フロントシートには殆ど恩恵が無い。

収納箇所や使い勝手はcube3同様に良い感じ。
助手席グローブボックスの上ヒンジってのはどうよ?とは思う。下ヒンジにして、蓋を開けるとテーブル状になる仕様なら、使いやすいのにな。

操作系、キーレス始動スイッチはもっとスマートなものにできなかったのかな?回転式のテレビチャンネルみたい。
シフトレバーも小さすぎな感じ。尤も、マニュアル操作機能の無いモデルは、D(ドライブ)レンジとL(ロー)レンジしかなく、同じくCVTを採用しているモビリオと比べて、Lレンジのギヤ比がとても低いから、走行中にDからLへマニュアルシフトダウンするのは危険って感じで、あのシフトレバーサイズで正解なのかも知れない(笑)。


ラゲッジスペース
車長がそれなりにあるから、モビリオと比べても充分過ぎる積載量を期待できそう。
天気が悪かったこともあって、詳しく確認できなかったのは残念だ。


ドライブフィール
なんともリニアリティに欠けるトルクフィール。とてもCVT車とは思えません。
まず、スタート加速が唐突。でも、ちょっと変速ショックみたいなもたつきがあるので、余計に戸惑います。
CVTには無いクリープ現象を付加する機構との切り換えショックなんでしょうね。
加速時のエンジン音も咳き込む感じで、しかも下品な共鳴があったりして…。まぁ、個体差かも知れないけど。
発進加速がもったりしているモビリオと違って、グワっと発進する。けど、その後の伸びが全然駄目って感じ。
モビリオは発進時には重くもったりしてるけど、その後はCVTを活かして電気モーターの様にリニアに加速していく。
まぁ、精々100km/hまでだけどね。

サスペンションフィールは適当な感じ。
ハンドリングも普通。悪さを感じなかった。


総評
小一時間のドライブじゃ、評価するには不十分でなんとも。
しかし、ファーストインプレッションでは、所有したいと思わせる魅力を感じなかった。

日産車と言えば、スポーツを感じさせるエンジンフィールの気持ちよさを期待しちゃうじゃない?
しかもCVTモデルな訳で、リニアな加速感ってのが特性だと想像する訳。
ところが、機動のリニアリティをまったく感じることができなかったんだよね。
試乗したラフェスタは、気持ちよく運転できないクルマって感じでした。残念です。

|

« セカンドPCの復旧 | トップページ | 冬将軍の猛威 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/2767868

この記事へのトラックバック一覧です: 日産ラフェスタ:

« セカンドPCの復旧 | トップページ | 冬将軍の猛威 »