« Microtek ScanMaker II sp 修理 | トップページ | 主役ゲット! »

2004.12.01

CSチューナーCSR-B5の不具合とその解決 その3

先週のファームウェアアップデートで、電子番組表(EPG)の不具合は改善されたと思われる。
PerfecTV!とスカイの衛星自動切換がうまく利かず、「衛星選択ボタン」を要求されることは偶にあるが、気になるほどではない。むしろ、EPGの表示速度が向上して、性能アップされたことを体感できるほどだ。
ディズニーチャンネルのカラーブロックノイズも再発していない。

10月のファームウェアアップデートのお陰で、ディズニーチャンネルで発生していたカラーブロックノイズが無くなった。
1分間に1カット位の割合で、画面の10分の1程度の面積にカラーノイズがブロックパターンになって現れる不具合で、圧縮ノイズと違ってかなり目障りだった。

ミステリチャンネルやキッズステーション、アニマックスなどではなかった現象で、今年放送を開始したばかりということもあって、ディズニーチャンネルの放送品質自体を疑っていた。
しかし、スカパー!からの電話アンケートの際に問い合わせたところ、スカパー!の技術部門から電話回答があって、放送自体には問題が無くチューナー側の不具合だろうとのことだった。
面倒だったので、チューナーメーカーへの問い合わせはしなかった。

さて、ファームウェアの更新でディズニーチャンネルが綺麗に見られるようになってご機嫌だったが、今度はEPGが取得できなくなった。
全チャンネルに関係する不具合だったが、見たい番組はインターネットの番組表を見ながら時間帯予約録画しているので、ボク自身はそれほど問題視していなかった。
ところが、リアルタイムに番組視聴をする家族はかなり不便と感じていて、みーちゃん氏にせっつかれたのでメーカーサポートへ問い合わせることにした。
すると、リセットで改善するとの回答だった。

確かにリセットするとEPGを取得できるようになった。
その後、EPGの取得に失敗することはあったが、頻度は少なく、「こんなものか」と思っていた次第。

そんな訳で、改めてアップデータが提供されたのはちょっと驚き。
内容としては、ディズニーチャンネルのブロックノイズが無くなってEPGの取得も早くなった訳で、不具合の改善だけではなく性能向上までされたことになる。

ディズニーチャンネルは、海外制作番組のほとんどにクローズドキャプションが付いている。
CSR-B5はクローズドキャプションデコーダが標準搭載されているから、英語学習の一助になってとても便利だ。
惜しむらくは、日英音声切り換えがワンボタンでできない点だが…。

今回のファームウェアアップデートも含め、東芝CSR-B5にはとても満足している。

|

« Microtek ScanMaker II sp 修理 | トップページ | 主役ゲット! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/2121884

この記事へのトラックバック一覧です: CSチューナーCSR-B5の不具合とその解決 その3:

« Microtek ScanMaker II sp 修理 | トップページ | 主役ゲット! »