« CSチューナーCSR-B5の不具合とその解決 | トップページ | 南京大虐殺「歪曲」 »

2004.10.13

床下浸水

近所の水道管から漏水し、職場の床下に浸水した。

壁から水の流れる音を母T氏が聞きつけ、懇意の大工さんに見て貰ったところ、壁から水が流れ込んでいた。
傾斜地に建つため、こんな珍事となった。

侵入した水は床下に溜まり、なんと50センチほどの深さになっている。
床上まで10センチも無い…。

慌てて床に穴を穿ち、手持ちの電動ポンプで水を汲み出す。
次に水の出所を探ると、どうも水道局管轄の導管から漏水しているらしい。

早速水道局に電話をし、半日ほどで導管の漏水は修理された。

さて、職場の床下浸水だが、給湯管の断熱材がすっかり水を吸い、しかも漏水は以前からあったようで、給湯管自体も腐食が激しく漏水が見られる。
一切を交換しないと、遠からずひどい漏水になるとの事。
しかし、タイル張りの床下に配管されている箇所もあって、簡単には修理が出来ない。
結局、露出配管で修理を依頼することとする。

ところで、職場の修理費用はどこ持ちになるのだろうか?
また、浸水で床下収納に置いていた物は一切が駄目になり、今朝はその片付けに追われていた。

取り敢えず、午後から水道局から挨拶に来るそうだから、その時に話し合うこととなろう。

|

« CSチューナーCSR-B5の不具合とその解決 | トップページ | 南京大虐殺「歪曲」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/1665540

この記事へのトラックバック一覧です: 床下浸水:

« CSチューナーCSR-B5の不具合とその解決 | トップページ | 南京大虐殺「歪曲」 »