« ZEROBIKEのハンドル | トップページ | アニメーションづくり »

2004.09.15

Premiere 5 の異常

長女H氏作アニメーションを編集中、Premiereからムービー出力をしようとすると、ファイルエクスプローラーダイアログが表示された段階でPREMINFO.DLLにページ違反が発生してPremiereがダウンする不具合に見舞われた。

原因はQuicktimeムービーを出力したからで、Premiere 5の不具合らしい。
Quicktimeを出力した場合には、PremiereがインストールされているディレクトリにあるPREM50.PRFファイルを削除してからPremiereを起動しないとなんらかの異常が出るのだそうだ。

PREM50.PRFはPremiereの設定を保存しているファイルで、これを削除するとウィンドウのレイアウトから効果ボックスの並び、タイムラインウィンドウの設定等が初期状態に戻ってしまう。
Quicktimeを出力する前には、PREM50.PRFのコピーをとっておき、作業後に戻す様にせねば。

|

« ZEROBIKEのハンドル | トップページ | アニメーションづくり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/1440834

この記事へのトラックバック一覧です: Premiere 5 の異常:

« ZEROBIKEのハンドル | トップページ | アニメーションづくり »