« ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 その2 | トップページ | HANDYBIKE HB-6 二速化 その4 »

2004.09.07

HANDYBIKE HB-6 二速化 その3

取り敢えず、ハンディバイクの2スピード化が完成。

米から届いたスペシャライズドの正爪(トラックエンド)ディレーラーハンガーは加工する必要があり、ポン付けという訳には行かずに暫くうっちゃってしまった。

ゼロバイク用ハンドルバーの切断に使った100円ショップの金鋸でハンガーが加工できそうだったので、昼食の時間を潰して金属工作。

ハンガーは鉄製だと思っていたけど、真鍮に近い合金みたいで、アルミほどではないが意外に加工は容易だった。
途中、金鋸が折れて難儀したけどね(苦笑)。
安物は作業性が悪いから、結局余分な手間が掛かるって訳だ…。

取り寄せたディレーラーハンガーはスペシャライズドの特定フレーム専用品のため、強度保持と嵌合を兼ねたリブが付いている。
ハンディバイクのトラックエンドはフラットで、リブが邪魔になるから金鋸と鑢で取り除く必要があった。

ハンガーの加工後、ハンディバイクと同じ黒のウレタン塗料で防錆。
そして、仮止めしてみたのが右の写真。

ディレーラーハンガーさえ用意できれば、後は部品を組み付けるだけ。かな?

先日組み替えしておいたチェーンテンショナーだが、ハンガーを加工したためオリジナル状態でも問題なく付くことがわかり、元に戻す。
そして、ハンディバイクに組み付け終えたのが左の写真。


チェーンを用意していないので、チェーンリングは現在使用中の 52t と、ディレーラーハンガーと一緒に輸入した Vuelta USA の ATB 用 50t を付けた。

最終的には、58t と 50t の組み合わせにしたいと考えている。


二速化と言っても、ディレーラーは無いので走行中の変速はできない。
重量増や予算、取り付け作業の難易度も高いので、将来的にもディレーラーの追加は難しそう…。


右上の写真がアウターの 52t に入っている状態。下はインナーの 50t へ入っている。

テンショナーの固定プーリーは、リアエンド下端ギリギリにチェーンが来るラインで固定。
テンションプーリーは下方向へチェーンを張っている。

ロードクリアランスを広くするため、上方向へチェーンを張りたいところだが、今のレイアウトでは固定プーリーを通るチェーンが接地してしまう(笑)。

右の写真でもわかるが、インナーギアへ入れるとテンショナーが下がる。
試走したところ、テンショナーに圧されたチェーンが接地することは無いが、アウターギアとインナーギアとの歯数が開けば、テンショナーの下がる量が増えることになる。

チェーンリングのサイズも、大きいほどロードクリアランスは小さくなる。

どうも 58t と 50t の組み合わせでは、ローギアでテンショナーが地面まで下がってしまい使えない模様。
精々が3~4歯の差のギアで2速化しないことには、この手法は実用化できないようだ…。

|

« ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 その2 | トップページ | HANDYBIKE HB-6 二速化 その4 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/1374581

この記事へのトラックバック一覧です: HANDYBIKE HB-6 二速化 その3:

« ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 その2 | トップページ | HANDYBIKE HB-6 二速化 その4 »