« Windows と Mac OS | トップページ | ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 その2 »

2004.09.04

恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits

森博嗣さんの講談社文庫版『恋恋蓮歩の演習』読了。

Vシリーズ第6作が文庫落ちしたことを知らなくて、昨日あわてて買って来た(笑)。

森ミステリーは、とても合理的に構築されているので、犯人探しはかなり楽。
登場人物は頭脳明晰な面々で、行動原理がかなり明確である場合が多い。
従って、トリックや動機を探ることに注意が向く。

とてもレトリックに優れていて、かなりミスリードされる傾向。
確信していた答えも、物語が進むほどに不安感が募ることもしばしば。
読了後、自分が辿った思考は、作者の意図した通りだったのでは?と感じる事が多く、そこが堪らないのかも?

ボクにとってはとても読みやすい文体で、読み始めればあっという間に読了させられる。
森作品はとてもビジュアルで、読み進むにつれ情景が鮮明な映像として脳裏に浮かぶ。
困ったことに、言葉でしか伝えられないが為に成立していたトリックも、脳内で映像化されてトリックにならないことがあったりして…(苦笑)。

尚、「暗闇でラップトップPCのディスプレイ照明を使わない不思議」的非合理な箇所があり、気になった。

|

« Windows と Mac OS | トップページ | ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 その2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/1368392

この記事へのトラックバック一覧です: 恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits:

« Windows と Mac OS | トップページ | ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 その2 »