« ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 | トップページ | HANDYBIKEとしては長距離走行だ »

2004.08.13

STRIDAに乗ってみた

その形から、Δで表記される英国デザインの自転車ストライダ

現行モデルのMK3はフロントフォークとステムがアルミ合金で一体化され、ボールジョイント受けも金属と樹脂の2ピース構造となって、格段に剛性が上がっている。

今回はそれら改善前のMK2に乗ってみた。
厳密に言えば、折り畳みハンドルとなったMK2.5だ。

ZEROBIKEやHANDYBIKEの様な極小径車を見慣れていると、ストライダすら巨大に見える。
玄関先で梱包を解いていると、みーちゃん氏がその大きさに辟易していたほど。
勿論、普通の自転車に比べればコンパクトだ。しかも、重さも10kgとかなり軽い部類だし。

お借りしたストライダは屋外保管だったようで、ブレーキワイヤに錆びが出て、屈曲の多いホース部分は切れていたり、ブレーキレバーに当たる部分もホースに剥離が生じていた。
困ったのはブレーキで、どうもドラムかバンドに錆が出ているようで、調整してもどこか接触している感じ。
このまま長時間乗れば、焼き付く可能性が高い。MK2以前のストライダにはよく見られる不具合らしい。

タイヤチューブは英式バルブ。規定の80PSIまで空気を入れて、近所を試乗。
アンガールズ程じゃないが(笑)、上背もそこそこで手足が長いから、MK3より一回り大きいと言われるMK2のフレームは丁度良い感じがする。
サドルよりもBBが前位置なため、若干足を投げ出す姿勢でのペダリングは、HANDYBIKEのポジションに通じるものがあって、違和感はない。
むしろ、サドルとハンドルとの距離がローライダー風で、レトロチックだ。
タイヤサイズが似ていることもあってか、随分ブロンプトンの乗り味に似ている様に感じた。

全体的には悪くないと購入を真剣に考えたが、みーちゃん氏が気に入らないという。
彼女ではポジションがうまく出ないし、土地柄シングルギヤでは使い勝手も悪い。
ZEROBIKEと比べて、高いアドバンテージを感じないとのこと。

届いたストライダには、樹脂製のステムとフォークとの接合にひどいガタもあって、結局試乗だけで返却することになった。

前述の様に、MK3はMK2の弱点を随分改善しているらしい。
フレームをMK1と同じ大きさへサイズダウンして、ステムとフォークの一体化やボールジョイントやロアフレームの強度アップをした他、パーツ構成を変えてブレーキとホイールハブも信頼性とメンテナンス性を向上させている。
デテールがシンプルになりすぎた感はあるが、折り畳みハンドルの操作性と剛性もアップしているし、使い勝手は格段に良くなっていると感じた。
MK3の価格はかなり割安感もあるなぁ…。

|

« ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 | トップページ | HANDYBIKEとしては長距離走行だ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/1186001

この記事へのトラックバック一覧です: STRIDAに乗ってみた:

« ZEROBIKEブレーキレバーオポジット化 | トップページ | HANDYBIKEとしては長距離走行だ »