« デニーズの子供向けサービス | トップページ | フィジカルアビリティチャレンジ »

2004.08.09

東京ドームシティ アトラクションズ

セブンシーズギャラリーでティンクを堪能して、銀座に来てると言うのにデニーズでお茶と軽食(苦笑)。
さて、帰ろうと思ってたら、長女H氏が「つぎは、どこゆくの?」だって。

博品館へ寄って誤魔化しちゃおうかとも思うのだけど、駐車場がねぇ…。
ってことで、後楽園遊園地へ行くことに。

今は東京ドームシティアトラクションズって言うのね(苦笑)。

入場料は無くなったそうで、アトラクションのフリーパスが…4千円!って、イイお値段ですなぁ。
ナイトパスは3千円だけど、今回はパス。

おもちゃ王国に行ったら、6時までだった。残念。

昔マウスって呼ばれてたスピニングコースター舞姫ってなミニコースターに長女H氏が乗ろうとしたら、120cmの身長制限に引っかかりNG。
仕方がないので、キッズハッカーへ。一人で乗るのもへっちゃらなんだよね。
高さが低いから大したこと無いと思ったけど、上下アップダウンが不規則で、途中急停止したりと、なかなかにスリリング。
彼女はすっごく喜んでました。

みーちゃん氏がサンダードルフィンに乗ろう!って言う。
裕ノンが娘達を見ててくれるってので、お願いしちゃって久しぶりにふたりだけだねぇ(笑)。
1回千円って、この手のアトラクはこんなもんか。って、グループパス持ってるの見たら、随分安いじゃん!をい!ツアー優遇し過ぎだろぅが!!

で、サンダードルフィンは怖かったです…。
みーちゃん氏は終始はしゃいでたけど、ボクはケアンズでやったバンジージャンプよりダメだ…。
って言うか、最近は命をこういったモノに気楽に預けることができなくなったんだよね。
設計ミスとか、整備不良とか、結構ありすぎだもんね。メカって…。
TDLのスペースマウンテンなんて、このカーブの先に梁とかが垂れ下がってて首が飛ぶんじゃないかと妄想しちゃうし(苦笑)。
サンダードルフィンでは、出発時と軌道途中の2カ所でカメラに撮られて、その2シーンを合成して一枚の記念写真にして販売するサービスがある。
画面に映された写真を見たら、余裕でVサイン出してる表情と、バーを握りしめ必死の形相の対比がとっても間抜けだった。
みーちゃん氏は、両手上げて余裕で笑ってるし…。
ディスプレイ指さされて彼女に笑われちゃったよ(笑)。

待ち合わせ場所に戻ったら、H氏がハイジャンプチャレンジに列んでた。
所謂バンジートランポリンだね。チャレンジ料も同じだし(苦笑)。
幼稚園も年長さんになると、怖いモノ無しだねぇ。もぉ余裕でジャンプしてた。
スタッフも彼女の余裕の表情を見て、高ぁ~く上がるように目一杯ためてからタイミング良くウィンチを巻き上げて、かなりのハイジャンプ!
見てるこっちも、とても楽しかったです。
気持ち、長くチャレンジさせてもらったんじゃない?
可愛い娘は得だね!

小腹が空いたので、ベースボールカフェで軽食を採って、新宿で解散。
バースディフォトを貰ったりと、H氏は終始ご機嫌。Y氏も裕ノンのお陰でとても楽しい一日だったみたい。

今日はホントありがとう!>裕ノン

|

« デニーズの子供向けサービス | トップページ | フィジカルアビリティチャレンジ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/1166005

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ドームシティ アトラクションズ:

« デニーズの子供向けサービス | トップページ | フィジカルアビリティチャレンジ »