« さくら | トップページ | アストロブラスター »

2004.04.08

テレビの楽しみ方

一年ほど前に東芝のRD-X1を買って、ビデオテープで番組録画することはほとんど無くなった。録画予約が重なったとき、まれにテープデッキを使う程度。でも、幼児用教材などのサンプルはテープが多く、再生用としての稼働率は意外に高い。

わが家ではビデオ録画した番組は見たら消すが基本。
ビデオレンタルが普及し、CS局やBS局の登場で番組が不足している。テレビ放送も50年ともなれば、過去の名番組に対して視聴を希望するニーズや思い出の発掘として旧い番組自体への憧憬で商品価値が見直されたりと、生放送やビデオテープが高価で使い廻しが当たり前だった時代の番組は仕方がないとして、昨今の番組はちゃんと残されて流通する仕組みができている。
それに、テレビではリアルタイムに新しい番組が増殖しているしね。

RD-X1を買ってから、テレビ番組視聴に割く時間が増えた。反面、CMは見なくなった。リアルタイムに番組を見ることはほとんど無くなり、インターネットTVガイドなどでチェックした番組をRD-X1で予約録画して、時間が空いたらその予約番組を見る。番組によって、家族と一緒に見たりひとりで見たりまちまちだけど、見るのは番組だけ、CMやオープニング、エンディングタイトルなどはスキップ機能で一瞬に飛ばして見ることは無い。最近のCMは番組よりも大きな音声レベルで放送されているようで煩わしいと感じていたけど、HDD録画ならスキップは一瞬で不快な気分になることもない。

録画テープが増えるといったことが無い反面、番組を見る時間を無理に作らなくなってHDDに番組が貯まってくってなことになっている。シリーズものが10週分も貯まると、今度は見るのが面倒に感じるようになる。そして、あまり未練を感じない番組などは、一顧だにせず一括削除と相成ったりして…。まぁ、テレビ番組に対するわが家の評価はその程度ってことかも知れない。

RD-X1のHDDは80GBで、録画時間は使用するビットレートによるが、わが家の使い方では50時間ほどの録画ができる。録画する番組のほとんどが帯番組で、長女H氏お気に入りが半分、もう半分は蝉とみーちゃん氏の分。H氏は毎回心待ちにしてるから、時間ができれば優先して見てしまう。見てしまえばHDDから消すので、番組が貯まることもない。親たちの分は結構貯まることも多く、一括削除に踏み切れる作品ならあっさり消してしまうが、どうしても見たい番組は残す。そして、HDD残量が日々無くなっていく(苦笑)。

|

« さくら | トップページ | アストロブラスター »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/450586

この記事へのトラックバック一覧です: テレビの楽しみ方:

« さくら | トップページ | アストロブラスター »