« 個人情報流出 | トップページ | 彗星観望 »

2004.04.28

デジカメ購入検討 2

より薄く軽いデジカメが欲しい!ってのは、みーちゃん氏の希望だった。
カシオ EXILIM の EX-S3 をみーちゃん氏の友達に見せてもらって、気持ちが動いた。
EXILIM なら持ち運びは苦にならない。いや、いつも持ち歩けるサイズだ。
ところが、携帯電話にメガピクセルデジカメがついてるからと、見送ってしまった。

J-SH51 から J-SH53 へ買い換えて、内蔵カメラがメガピクセルCCDになった。しかし、プリントアウトに耐える画質かと言うと疑問。感度が低すぎるのだ。晴天下での撮影なら、キャビネサイズもなんとかって感じで、まったく使えないというものではないけど。
更に使い勝手を悪くしてるのがレリーズタイミング。レリーズしたタイミングより1/15秒ほど遅れてシャッターが切れる感じ。15fpsのビデオ画像を切り取ってる様で、しかもインターレースみたい。丁度プログレッシブな映像タイミングでレリーズするのに、シャッターされるのがインターレース画像みたいなぁ…。ってことがよくあって苛つくカメラなのであった。
それでも、携帯電話なものだから、常時持ち歩く。カメラと言うには抵抗はあるが、静止物をメモ程度に撮るなら十分使える。それに、太陽光の元なら、ポートレイトもなんとかこなせる。サービスサイズ程度までなら、プリントアウトして人にあげられるレベルだ。ギリギリだけど…。ってことで、J-SH53 でヨシとしよう。

ご託を並べたが、要は新しいデジカメが欲しいのであった。何とかみーちゃん氏にプレゼンテーションしたいのだが、そもそも動機が不純。すなわち、周りでD70買った人がいて、それに感化されて新しいのが欲しくなった!ってものだから、彼女を納得させる論拠を捏造する必要がある。
本当ならD70を買いたい!とストレートに押したいトコだが、予算的に無理だ。ホント、甲斐性なしである…。

結局、一度は画素数で切った DMC-FZ2 を買うことにした。35mm フィルムカメラ換算で 420mm の焦点距離という超望遠までをサポートした12倍ズームと光学手ぶれ補正は、運動会やクリスマス会に活躍するだろう。きっと…。
みーちゃん氏に対しては、苦しいプレゼンとなった。しかし、バーゲンプライスが効いて、なんとか許可が下りた次第。

DMC-FZ2 にしたのは、200万画素としてはプリント画質が良いという評判と、超望遠でありながら手ぶれし難く使い勝手が良さそうで、現有デジカメとは全く違う用途の製品という点。加えて、仕様の割には小さいってな点と価格。

しかし、実際に届いた DMC-FZ2 を使ってみると、所詮は小型CCD採用の廉価商品。プリント画質も IXY DIGITAL 200 とどっこい。S/N比が小さいのが原因な訳です…。手ぶれ補正は有効ですが、シャッターが遅ければ被写体ぶれは避けられません。
S/N比が大きければ感度を上げても充分な画質を得られるわけで、しかもより高速なシャッターが切れて被写体ぶれも含めたぶれの心配が無くなります。やっぱり、大型CCDを採用してるデジタル一眼レフ(デジ眼)にはとても敵いません…。
尤も、DMC-FZ2 と同じ画角をデジ眼に求めれば、10倍以上の投資が必要な訳ですけどね(苦笑)。

やっぱ、D70で撮った作例を見過ぎたのがいけませんね…。って言うか、DMC-FZ2 が結構嵩張るので、ついついデジ眼を引き合いに出してしまうんですね。って言うか、妥協したことをやっぱ後悔してるのでしょう。

|

« 個人情報流出 | トップページ | 彗星観望 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/500383

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ購入検討 2:

« 個人情報流出 | トップページ | 彗星観望 »