2015.08.05

サドル高5mm下げ

Scott CR1 SL

日曜日の午後から月曜日の朝にかけて、325kmのロングライドをした。

海を見たくて長野県道1号線を南下。

中部天竜から国道152号線に入り、浜松まで行った。

ところが、浜松市街まで数キロメートルのところで、フロントシフトケーブルが切れた。

アウターへ入らなくなるだけなので、そのまま帰路についてもよかったが、たまたまプロショップを見つける。

シフトケーブルの単品売りがあれば、交換してしまった方が安心だ。

閉店間際にもかかわらず、小額の一見客へ工具までお貸しくださったミソノイサイクルさん、あらためてありがとうございました。

修理に時間を割いたため、日がとっぷりと暮れてしまい、海は見られなかった。

月明かりを期待したのだが、残念ながら曇っていた。

仕方ないので、距離乗ることに目的を切り替える。

国道1号線を岡崎まで走って、国道153号線で帰宅することにした。

二度の食事の他、コンビニなどへの立ち寄りで、都合4時間15分の休息。正味走行時間は13時間35分。


さて、今回のロングライドで、ポジションの問題が発覚した。

サドルが少々高過ぎる様だ。

200kmほど走ったところで、左膝の後ろに痛みが出て、ペースを上げられず難儀した。

特に上りでシッティングのまま踏み込むと激痛が走り、立ち漕ぎで膝の角度を調整して、痛みが少ない漕ぎ方を工夫しながら平谷までの長い上りをしのいだ。

帰宅して、取り急ぎ5mmほどサドルを下げた。

様子を見るため、昨夜は国道152号から諏訪を経由する174kmほどの周回を走った。

今度は右膝上部に違和感があったが、左膝の痛みは出なかった。

取り敢えず、写真のポジションで乗り続けてみたいと思う。

分杭峠、美和湖、杖突峠からの諏訪茅野の夜景(2015年8月4日)

| | トラックバック (0)

2015.07.17

ノニはじめました

Noni_maxidoid

お通じに悩んでいたところ、ノニジュースをすすめられたので、ここ一週間毎朝飲んでいる。

効果は上々。毎朝起床後にお通じがあり、長時間トイレを占拠することもなくなった。

少し高額だが、効果はなかなかなので、しばらく続けるつもりだ。

| | トラックバック (0)

2015.07.06

ケータイ更新

SO-02GとSO-02F間抜けなことに、自転車に乗ったまま下り坂でUターンしようとしてバランスを崩して転んでしまった。

十日ほど前に落車して怪我をしたところがまた出血したのはいつものことだが、バックポケットに入れていたスマートフォンのスクリーンとタッチパネルを壊してしまった。

幸いマウスを使って操作はできるが、継続使用は難しい。

仕方が無いので、加入中のケータイ補償のお届けサービスを利用して新しいものへ交換した。

ドコモのケータイ補償は、月額380円の掛け捨て保険。

故障時は上限5000円で修理、もしくは修理済み品と交換してもらえるサービスだ。

1年間に2回利用でき、2回目は8000円負担。以上、消費税別。

時間が掛かる修理は依頼せず、ケータイ補償お届けサービスを申し込んだところ、自分が使っているSONY SO-02Fのライムカラーの在庫がないため、代替品の提案があった。

ソニー製はSO-03FとSO-02G、他社製の提示もあった。その中から、SO-02Fの後継機のSO-02Gへの交換をお願いした。

交換手数料はドコモポイントも使えるので、手持ちはすべて利用した。


さて、データの移行が必要だ。

取り敢えず、ドコモが予めインストールしているバックアップツールを利用した。

しかし、頻繁に利用しているショートメッセージサービス(SMS)の履歴は、ドコモのツールではバックアップされない。

調べたところ、JSバックアップというアプリが使いやすいとのことで、タブレットでダウンロードして、apkファイルへ変換するアプリでSDカードへ抽出し、壊れたスマホへインストールして利用した。

SMSログは、JSバックアップ専用形式でないと取得できない。

新しいスマホへバックアップアーカイブをインポートする際、SMSアプリをJSバックアップへ変更しないと導入できない点に戸惑った。

あくまでもバックアップアーカイブの復元のためSMSアプリをJSバックアップへ変更するのであって、SMSを利用する際には改めて元のアプリへの変更ダイアログが現れるので問題なかった。


スマートフォンの場合、大概のデータはクラウドサービスと同期させているので、機種更新などでのデータ移行は比較的容易だ。

ところが今回のように、クラウドなどでバックアップされていないデータがあると手間となる。

今回は液晶画面の7割方が標示でき、マウスでのオペレーションが可能だったので、故障後でもバックアップを取得できた。

JSバックアップもインストールしたことだし、新しいスマホでは定期的にバックアップを取ることにしよう。

| | トラックバック (0)

2015.07.01

スマートフォンの破損

SO-02F愛用しているソニーのXperia Z1fが壊れてしまった。

画面にひびが入り、液晶の一部が表示しない。タッチパネルも反応しなくなった。

しかし、その他は正常に動作している模様だ。

困ったのは、目覚まし用のアラームがスヌーズ動作になっていて切ることができないこと。

アラーム音自体は物理ボタンを押せば消せるが、スヌーズのため5分おきに操作しなくてはいけない。

修理か買い替えるしかなさそうなので、とりあえずドコモショップへと出掛けた。

ドコモショップは慣れたもので、症状を見るなり、マイクロUSB端子のマウスを渡してくれた。

スマホのUSB端子につなげば操作できるので、外部メモリーへのバックアップ等をしながら順番を待っていて欲しいとの事。

なるほど、マウスをUSB端子へ繋ぐ画面にカーソルが現れ、スマホを操作できるようになった。

早速、アラームを停止させた。

内蔵アプリでバックアップをとったりしていると、順番となった。

窓口で確認していただいたところ、ケータイ補償サービス加入中なので修理しても税別5千円とのこと。

また、修理の時間を待てないなら、修理と同額でリファービッシュ品(修理再生品)へ交換も可能で、翌日には手元に届くとの由。

修理に出すとスマホの一切がリセットされてしまうので、それなら修理再生品を新しく受け取っても変わらない。

再生品をお願いすることにした。

ところが、対応センターによると、Xperia Z1f ライムカラーの再生品の在庫が無いので、在庫のあるいくつかの別機種を代替品として選択可能という提案があった。

Z1fの後継に当たるZ3 Compactの提示があったので、迷わずそれにした。

対応代金にドコモポイントを当てたりして、4千円そこそこでスマホがアップデートされた。

ただ、SIM形状が変わるため、その再発行手続きの関係で、翌日受け取りというわけにはいかなかった。

取り急ぎ、液晶保護用の強化ガラスシートと本体用カバーを注文した。

| | トラックバック (0)

2015.06.23

梅雨なので、サドルバッグにもレインカバーを

シャワーキャップでサドルバッグのレインカバー

雨降りは基本走らない。

しかし、梅雨時なので俄か雨も多いし、前日は雨だったりすると、木陰がちな山道は濡れている。

そんな訳で、サドルバッグにレインカバーを新調した。

ただの百均のシャワーキャップなのだが、大きめのサドルバッグにまずまずのフィット感。

昨日は濡れた路面が多かったので、とても重宝した。

ただ、まだ少し大きいかな。子供用サイズがあれば、言うことなし。

| | トラックバック (0)

«至高の饅頭