2017.11.17

インターネットラジオ、いつまで使えるかな?

インターネットラジオ

ASUS Internet Radio AIR 3でインターネットラジオを楽しんでいたが、5年ほど前からネットワーク接続で音楽が再生できなくなり、iPOD DOCKにBluetoothオーディオレシーバーを付け、ブルートゥース・スピーカーとして使っている。

本来ASUS AIR3は、ネットワークへ接続することで、インターネットラジオとDLNAミュージックプレーヤー機能を利用できる。

ところが、インターネットラジオ局へ接続できても、数分経つと音が出なくなってしまう不具合が発生した。
ディスプレイには、正常に再生されている「プレイ中」の表示が出て、設定した局のURLがスクロール表示されている。
しかし、突然ミュートして、以降は本体をリセットするまで復帰しない。

日を置いてなどして様子を見たが、一時的な不具合ではなさそうだった。

DLNA再生でもまったく同じ不具合が出たので、バッファーメモリあたりの不具合と勝手に思って、以後はiPod Dockを活用していた。

それでも、AIR3の時刻設定はインターネットと同期しているので、LANケーブルは付けたままだった。


最近、有線LANが足りなくなって、AIR3に割り当てていたポートを削った。

時刻設定用に無線LANへネットワークの接続方法を変えたところ、インターネットラジオが使えるようになった。

と言っても、AIR3に内蔵されたインターネットラジオチャンネルは全て接続切れとなっていて、インフォメーション機能で表示できる天気や市況も、接続先のサービス自体が無くなっている。

インターネットラジオはURLを手動入力設定できるので、好きなチャンネルをインプットしたところ、とくに異常なく再生できることを確認した。

現状、PCやタブレットとBluetooth接続しているので、AIR3のインターネットラジオ機能が使えなくても問題ないが、有線LANでは駄目なのに無線LANなら問題ないというのも不可解で、記録しておく。

| | トラックバック (0)

2017.11.15

光を透過する素材の雑貨

流し台の飾り棚

トランスルーセントな家具や雑貨が好きで、少しずつ買い集めてきた。

家具はカルテルドリアデ、そしてマジス。雑貨はアレッシィグッチーニジオスタイル、そしてコジオルというブランドのものが多い。

それらは、機能から見れば割高だけど、姿形が素敵だし、使うのも楽しくて飽きない。

一番長く使っているのは、マジスのディッシュドクターって有名な水切りラック。
毎日使い続けて20年目だけど、全然綺麗。変色もしていない。

ジオスタイルのペダルビンも愛用品。
ヒンジが壊れて、現在は二代目。

アレッシィの蠅叩きも愛用品だけど、紫外線のせいか、出窓に置いていたら、5年ほどで脆くなってしまう。
今は3本目。

引っ越し以来、仕舞ったままになっているのも多いけど、ひとつひとつに思い入れがあって手放せない。

今ある家具や雑貨は子供たちも気に入っているので、仕舞ってあるものも使ってくれる時がくるだろう。

| | トラックバック (0)

2017.11.13

次のメインPCは

17インチノートパソコン

Windows 95が販売されて、パソコンブームがあって、それに乗っかってPC業界へ転職したこともあって、パソコンにはそれなりに詳しかった。しかし、それも昔のこと。

DVD画質の動画編集用に前世紀末組んだデスクトップPCを残すのみで、今世紀に入ってからのメインPCはノートモデルばかりだ。

そう言えば、最初に購入したWindows PCもノートタイプだった。
Compaq Contura 430cだったと思うが、すぐに手放して486DX2のIBMのデスクトップへ代えた。

その後、ThinkPad 220、Digital HiNote Ultra、DynaBook SSの順でサブPCとして使ってきた。
FMV-BIBLO MGにしてからは、ノートPCがメインのパソコンとなった。

FMV-BIBLO MGはSXGA+(1400×1050)の14インチモデルだったこともあって、とても使いやすかった。

ところが、次に買い換えたFMV-BIBLOはWXGA(1280×800)で、A4の書類をスクロールせずに編集することができずに難儀した。

キーボードをはじめとする全体の剛性低下に伴う操作性の悪化にも辟易して、DELLの17インチWUXGA(1600×1200)ディスプレイ搭載モデルへ買い換えて現在に至る。


購入したのはInspiron 1720で、ラインナップの中でもT7250の廉価モデルだった。

常用していたアプリケーションの関係で、VistaからXPへダウングレードした。

DVDプレーヤーとしても使用できる機能があって、ExpressCardスロットに収納できる赤外線リモコンが付属したり、ディスプレイを閉じていてもマルチメディアボタンが操作できるなど便利なところが多い。

XPのサポートが切れてからは、専らオーディオ用のPCとして利用している。

17インチノートパソコン

今のメインPCも17インチWUXGAのノートタイプで、DELLのVostro 1720。

Inspiron 1720に似ているが、テンキーの奥にあったページアップ、ダウン、ホーム、エンドの4つのキーが手前へ移されていていまだに戸惑う。

しかし、キーボード全体の質感は高く、Inspironよりもキーは打ちやすい。

OSはWindows 7 64bitのままで、とりあえずサポート終了まではこのままの予定。

最近ゲームなどはしないので、こんな旧いPCでも何の不満はない。

むしろ17インチWUXGAのノートパソコンは現行モデルに無く、4Kディスプレイパネル採用モデルはまだまだ高額。

それでも、東京オリンピックの頃には手頃なモデルが登場するだろうか?

| | トラックバック (0)

2017.10.31

Youtube著作権侵害の申し立てと撤回

上の動画をアップロードしたところ、著作権で保護されたコンテンツが含まれるとのことで、他者から閲覧できないようにブロックされた。

背景のラジオ音に反応したもののようだ。

そこで、コーヒーメーカーの操作を撮影したオリジナルコンテンツであり、当該コンテンツは偶然映り込んだものに過ぎないとして、「動画はアップロードしたユーザーのオリジナル コンテンツ」であるため「異議を申し立て」を行った。

異議申し立てから6日ほどして、「[著作権侵害の申し立て] 申し立ての撤回」メールが届き、晴れて公開可能となった。

実はこのようなケースは二度目で、いずれも異議申し立てが通って撤回されている。

大した動画ではないが、著作権侵害の申し立てを諾々と受け入れれば、著作権侵害動画をアップロードしたという履歴が残ることになる。

この履歴がマイナスの評価として記録に残り、将来何らかの審査を妨げるかも知れない。

そういった可能性も考慮して、不当な申し立てに対しては積極的に異議申し立てすべきと考える。

| | トラックバック (0)

2017.10.22

魔法のコーヒーフィルター

KRUPS KM7000とDeLonghi CM-GF

選挙、行きました?雨だけど、国政に直接参加できる貴重なな機会です。


最近、コーヒーメーカー用にゴールドフィルターを購入した。

たまたま格安だったので、試しに買ったところ、すごく良かった。

デロンギ ゴールドフィルター CM-GFというもので、ペーパーフィルターでは103サイズ(5~7杯用)にあたる大きなもの。

サイズは、使っているコーヒーメーカーに合わせた。

左:ゴールドフィルター使用、右:ペーパーフィルター使用

写真左がゴールドフィルターで淹れたコーヒーで、右はペーパーフィルターを使用したもの。

ゴールドフィルター使用では、液面に油膜が張っている。また、泡は無い。

ペーパーフィルターでは、コーヒーの油分がフィルターに吸収されるので、油膜ができないのだそうだ。

また、油膜が無いので、僅かな油分が気泡を作る。


表題の魔法のフィルターというのは、もちろんゴールドフィルターのこと。

コーヒー豆を挽くところから自動で行うコーヒーメーカーを使って、フィルター周りだけを変えている。

これで、味が驚くほど変わる。

かなり酸味が強い豆(ブルーボトルコーヒーのスリー・アフリカズ)と苦味の強い豆(マンデリンブレンド)の二種類で比較した。

ペーパーフィルターを使用すると、店頭で飲むのとほぼ変わらない味になる。

ゴールドフィルターで淹れると、酸味が強い豆は酸味が和らぎ甘みが増す。また、渋味はまったく感じられなくなる。

苦味が強い豆も、ゴールドフィルターでは苦味は和らぎ、やはり甘みが増す。

まぁ、特徴的な豆の癖が無くなるのだ。

ペーパーフィルターでは出せない成分が要因なのだろうが、正直、ゴールドフィルターで淹れたコーヒーの方が美味しく感じられた。

左:ドリッパーの穴径6mm、右:穴径3mm

尚、ゴールドフィルターはフィルターの目が粗いので湯通りが早く、ペーパーフィルターとまったく同じ条件で湯を注ぐと、コーヒー粉に湯が当たる時間が短かくなりすぎて抽出不足になる。

ハンドドリップなら注湯スピードは自在だが、コーヒーメーカーは一定なため、写真のようにフィルターホルダーの抽出口の径を6mmから3mmへ絞ることで、フィルター内に湯が滞留する時間を長くしている。

また、フィルターの目を微粉が通ってしまうため、コーヒーに微粉が沈殿する。

沈殿したコーヒーの微粉

最後に、コーヒーの滓の比較写真。

同じコーヒー豆を同じメッシュで挽き、同じスピードで湯を落としているので、状態もかなり似て見える。

左:ゴールドフィルター使用、右:ペーパーフィルター使用

| | トラックバック (0)

«ネットラジオとキッシュ