2018.03.17

ひと区切り

長男も次女も地元の学校を卒業し、進学のため上京する。

来月からは独身気分を満喫することになる。

出先でトラブルになっても迎えに来てもらえないので、ロングライドのサイクリングはひかえるつもり。

夏の終わりにお義母さんが長期入院となり、介護が行き届かなくなったお祖母ちゃんも入院したことから、対処が必要になった。

不幸中の幸いなのか、子供たちの進学年度とちょうど重なったこともあり、調整やら話し合いを積んで、自分はこちらに残り、子供らは妻と一緒に転居と相成った。

そんなわけで、ここ半年ほどは月に十回以上も上京を繰り返した。交通費だけで疲弊したな。

みーちゃん氏の実家は手狭なために、新居も探していた。

やっと決まって、子供たちの入学式までに彼らは引っ越しする。こちらの桜は見られないだろう。


最近のディスプレイは光沢タイプがほとんどで、画面が暗くなると自分の顔が写り込み、老いたことを嫌でも痛感させられる。

それでも伸び代と言うのか、本来の水準に達していなかっただけなのか、トレーニングすればそれなりの成果はでる。

反面、やっていなかったことはとことんできなくなる。できていたことも容易にはできなくなって、自信もすり減る。

トレーニングに取り組めればまだ良いのだが、始めるまでがまた長い。


この冬は例年以上に寒かったので、自転車はインドアトレーニングが多かった。

自転車にはケイデンス(クランクの回転速度)とタイヤの回転速度を計測するセンサーを取り付けていて、自分は心拍計を付け、GPSを使って乗ったコースや速度を記録する腕時計で、それらセンサーのデータも一緒に記録している。

最近では、PCやスマートフォンのアプリケーションと連携して、自転車用のローラー台と言われる室内トレーニング機器で、仮想的に外国のコースを走ったり、インターネットで通じた同好の士と仮想レースができるようになっている。

代表的なものとして、ZwiftやBKOOL、Rouvyなどがある。

ローラー台もアプリケーションと連携し、負荷が自動的に変化するスマートトレーナーが人気だ。

スマートトレーナーは10万円以上するためとても買えないが、数年前まで評価が高かったローラー台がパワーメーターと呼ばれる出力を計測するセンサーとセットで格安だったので導入した。

インドアトレーニングなら怪我も無いだろうし、これからの生活には良いかも知れない。

| | トラックバック (0)

2017.11.28

初冬のヒルクライム

陣馬形山から中央アルプスを望む(2017年11月28日)

予想最高気温17度、最高風速3m、快晴という絶好のコンディションなので、体力に不安はあるものの陣馬形山へ上った。

出発時点は濃霧で視界不良。

中川村へ入る頃に霧は晴れ、まぶしい程に雪が輝く南駒ヶ岳連峰が迫る。

渡場の温度計は、摂氏1度の表示だった。

小渋湖から折草峠経由で上る。

四徳で橋梁検査のための通行止めがあったが、自転車や歩行者は通過できた。

夏以来のヒルクライムとあって、脚が回らない。

それでも、なんとか陣馬形山山頂までたどり着けた。

陣馬形山から南アルプスを望む(2017年11月28日)

この時期のヒルクライムは、ウェアに気をつかう。

今日はボトムが薄手のロングタイツにキャノンデール3シーズンウィンドパンツ。
トップスはユニクロのドライメッシュ長Tをインナーに、ルコックのロングスリーブジャージの上からペダレッドのKANAYAジャケットを羽織った。
シューズはシマノのSH-MW02。
ヘルメットインナーとしてクラフトのビーニー、グローブはキャンノンデールの3シーズンプラスグローブを使った。

上りで額から汗がしたたったが、山頂で汗冷えすることはなかった。

風が穏やかで、日差しにより気温も上がっていたのだろうと思う。

下りでは手の指先が冷たく感じたものの、グローブ内蔵の防風ミトンを付けてしのげた。

昨冬は下り用に防風素材のオールインワン(つなぎ)を持参していたが、この位の天候なら、今日のような服装で十分なようだ。

| | トラックバック (0)

2017.11.27

カットパンク

カットパンクさせてしまったタイヤとチューブ

豊丘の県道で波板ビスを踏んでしまった。

きらっと光る何かを見つけたのだが、停止するには間に合わない。

後方から車が来ていたので、避けようもなく後輪が踏んでバースト。

ご丁寧に二カ所も穴が空いていた。

停止して、何を踏んだか確認したら、6cmほどの波板ビスだった。

波板を押さえるワッシャでタイヤのトレッドが1cmほど裂け、他の部分も当たったのか、サイドも5mmほど裂けていた。

チューブを外したところ、トレッドの部分は裂けるのでなく、ぽっかりと穴が空いている。

サイドにあたる部分は、裂けていた。

こうなるとパッチ修理もできないし、チューブは廃棄する。

見れば7カ所もパッチが貼られている。十分使ったよね。

タイヤに裂けはあるが、予備チューブと一緒にタイヤの切れ端を持っているので問題ない。

タイヤチューブを換え、裂けている箇所はタイヤの内側とチューブとの間にタイヤの切れ端を挟み込んで、パンク修理を終えた。

タイヤパッチとして挟んだタイヤの切れ端の幅が足りなかったので、サイドウォールの裂け目の強度が怪しい。

空気は控えめに入れて、パフォーマンスよりも確実性を優先する。

結局、普段通りのペースで走らせた。


後輪のタイヤは、3250kmほど使っている。寿命までは後2000kmほど。

帰宅して、タイヤパッチを幅の広い切れ端に入れ替えた。これでタイヤを履き潰せるだろう。

| | トラックバック (0)

2017.11.25

ガジェット・ケース

koziol DR.K MEDICINE CABINET

koziol DR.K MEDICINE CABINET

洗面所の壁に設置する薬箱。無闇に取り出せないように、シリンダー錠で開け閉めする。

扉には、クスシヘビが巻き付いたアスクレピオスの杖がレリーフされる。

わが家では薬箱ではなく、無造作にコーヒーテーブルの上に散乱していたガジェットのケースとして重宝している。

日本ではちょっと高価だが、個人輸入ならまだ現実的な送料別49,95 €。

| | トラックバック (0)

2017.11.17

インターネットラジオ、いつまで使えるかな?

インターネットラジオ

ASUS Internet Radio AIR 3でインターネットラジオを楽しんでいたが、5年ほど前からネットワーク接続で音楽が再生できなくなり、iPOD DOCKにBluetoothオーディオレシーバーを付け、ブルートゥース・スピーカーとして使っている。

本来ASUS AIR3は、ネットワークへ接続することで、インターネットラジオとDLNAミュージックプレーヤー機能を利用できる。

ところが、インターネットラジオ局へ接続できても、数分経つと音が出なくなってしまう不具合が発生した。
ディスプレイには、正常に再生されている「プレイ中」の表示が出て、設定した局のURLがスクロール表示されている。
しかし、突然ミュートして、以降は本体をリセットするまで復帰しない。

日を置いてなどして様子を見たが、一時的な不具合ではなさそうだった。

DLNA再生でもまったく同じ不具合が出たので、バッファーメモリあたりの不具合と勝手に思って、以後はiPod Dockを活用していた。

それでも、AIR3の時刻設定はインターネットと同期しているので、LANケーブルは付けたままだった。


最近、有線LANが足りなくなって、AIR3に割り当てていたポートを削った。

時刻設定用に無線LANへネットワークの接続方法を変えたところ、インターネットラジオが使えるようになった。

と言っても、AIR3に内蔵されたインターネットラジオチャンネルは全て接続切れとなっていて、インフォメーション機能で表示できる天気や市況も、接続先のサービス自体が無くなっている。

インターネットラジオはURLを手動入力設定できるので、好きなチャンネルをインプットしたところ、とくに異常なく再生できることを確認した。

現状、PCやタブレットとBluetooth接続しているので、AIR3のインターネットラジオ機能が使えなくても問題ないが、有線LANでは駄目なのに無線LANなら問題ないというのも不可解で、記録しておく。

| | トラックバック (0)

«光を透過する素材の雑貨