2019.05.14

キャリーミーのブレーキ交換 その4

Pacific Cycles CarryMe DS  ACOR

 

Pacific Cycles CarryMe DS 2007年モデルに続き、2008年モデルのブレーキも交換しました。

 

キャリーミーDS 2007年モデルで使用したテクトロR725が入手できないので、リテールモデルのTRP T925への交換を検討したが予算オーバー。

 

以前にアーチが長すぎて使用しなかったテクトロ 800Aのインストールも考えましたが、ACOR ABR-2801のセール品を見つけました。

 

エイカーABR-2801はロードバイク用のキャリパーブレーキで、アルミ合金ブロックからの削り出しボディのダブルピポッド。回転軸にはボールベアリングが内蔵されています。

オポジットブレーキキャリパーの名が示すのは、フロントブレーキのケーブル受けが一般的なロード用キャリパーブレーキと違い左側にあることです。

このブレーキの取り付け軸を交換してキャリーミーへインストールします。

 

リヤブレーキの取り付け軸をナット留め用のフロントキャリパーブレーキ軸へ、フロントブレーキの取り付け軸はリヤ用へ交換しました。

また、リヤ用はキタコ ケーブルエンドSET 0900-901-90003を利用して下引き化しています。

 

ブレーキケーブルの動きをできるだけ良くするためとクリアランス確保のため、ブレーキアジャスターは付属品に代えてフレキシブルタイプ。

リヤはアウターキャップ径(先端径)が6mmのダイアコンペ ショートフレキシー、フロントブレーキにはアウターキャップ径が5.5mmのテクトロ BR-TK-051を使っています。

 

残念ながらアーチ長が足りず、BOMAオフセットブレーキシューケースを併用。

フロントブレーキはヘッドチューブのスライドヒンジボルトと干渉したので、ボルトをクイックリリースレバーへ付け替えました。

 

尚、折りたたみ時にブレーキアウターの屈曲によりブレーキが引かれて後輪が動かなくなるので、その際はブレーキのクイックリリースレバーを解放することで対処します。

|

2019.05.13

キャリーミーのリヤアクセルシャフトの中空化 その3

Pacific Cycles CarryMe DS  リヤホイールクイックリリース化

 

Pacific Cycles CarryMe DS 2007年モデルに続き、2008年モデルのリヤホイールも中空軸化しました。

 

こちらは、ホイールロックシャフトもクイックリリースにしています。

後輪のクイック化ですね。

手持ちのシマノ製クイックリリースレバーが意外と収まり良いのと、2007年モデルから外したホイールロックナットを使って、フロントのロックナットと合わせることで見栄えも考慮しました。

 

2007年モデルの方は、購入から12年を過ぎてスピードドライブやフレームからの異音が大きくなっています。

今後はこちらのキャリーミーを使い、2007年モデルはバックアップ用として整備しなおすつもりです。

|

2019.05.10

Pacific Cycles CarryMe キャスター車輪交換

Pacific Cycles CarryMe DS  キャスター車輪交換

 

今更ですが、キャリーミーのコロコロ、キャスター車輪をボール軸受け(ベアリング)タイプへ交換しました。

 

以前からキャリーミー向けのベアリングキャスター車輪は販売されていましたが、どれも元の車輪の径よりも大きいため、自立時のバランスが変わるのが嫌で交換にいたりませんでした。

 

最近、オリジナル車輪と同径なタイヤ径40mmのベアリング軸ホイールが旅行用トランクケースの補修用として販売されているのを知ってサイズを確認したところ、軸径6mm、厚さ18mmとキャリーミーのキャスター車輪とまったく同じサイズでした。

 

工業用ベアリングを採用したものから、鉄にニッケル鍍金の本体に硬球を入れただけの廉価モデルまであります。

錆は心配ですが、お試しということで今回は廉価モデルを手配しました。

 

キャリーミー2007年モデルではリヤラックの形状の関係で内径6mm、厚み5mmのアルミカラーを併用して取り付けていますが、2008年モデルはベアリングキャスター車輪だけを元々のネジとワッシャーでインストールしました。

 

回転のスムースさもさることながら、硬質プラスチックの車輪から硬質合成ゴムのタイヤになって転がしやすくなりました。

 

車輪径は今までと変わりませんので、自立させた状態でも変わりなく転がせます。とても良いですね。

|

2019.05.09

ブラックバーンアウトポストカーゴケージ

Pacific Cycles CarryMe DS 2008

 

整備中のキャリーミーDS 2008年モデル用にブラックバーンアウトポストカーゴケージを使ってみました。

純正のボトルケージマウンターを介して、フロントキャリア台座へ固定しています。

標準の取り付け穴の位置では使いにくいので、ブラックバーンのロゴが入っている位置に取り付け穴を追加加工して、ハンドルポストを縮めてもステムが当たらない高さにしています。

付属ベルトで縛れるものなら、大抵のものは固定できてとても便利。

2リットルのペットボトルどころか、1ガロン(3.78リットル)でも余裕です。

自分はキャリーミーの標準バッグを括り付けるつもりですが、現状ブレーキアウターケーブルが干渉するので、長いものへ換えてループさせることで対策するつもり。

|

2019.02.10

スターメーアーチャーS3X修理

Carrera Roll S3X


Sturmey Archer Axle Assembly for S3X - 165mm - HSA736スターメーアーチャーS3Xという固定ギヤの3速内装変速機が変速不良するようになって、暫くうっちゃっていた。

意を決して分解洗浄したところ、右の写真の様に、セレクターキーと呼ばれる部品が破損していた。

インターネット検索すると、こちらのフォーラムのトビへ行きついた。

“HSA737 Selector Key Assy”を交換すれば、不具合は解消するようだ。

早速、このホイールを組んでいただいた和田サイクルさんを通じてセレクターキーを発注した。

ところが、セレクターキー単品では供給できず、内部アッシーHSX155での供給、もしくは交換修理になるという。

HSX155は2万円以上(英国では140ポンド)する。破損したセレクターキーは10ポンド足らずでしかない。

納得できず、直接サンレース・スターメーアーチャーのサポートへ英文メールで問い合わせたが、日本の代理店に回されて「ハブの内部のアッセンブリーにつきましては供給しておらず、ユニットでの交換となります」というリプライがあった。

HSA737 Selector Key Assy.米国では部品供給されている旨を返信したところ、「以前は取り扱いございましたが、トラブルも多くユニットでの販売のみとなっております」ということだった。

スターメーアーチャーの他の製品はわからないが、S3Xハブの修理はユニット交換以外の対応はしないということらしい。

ところが、欧米にはS3Xのセレクターキーをはじめ、スターメーアーチャーの部品を販売しているショップがいくつもある。

SJS CYCLESにHSA737セレクターキーの在庫があったので注文した。送料込みで約1600円だった。

Sturmey Archer S3X Internal早速セレクターキーを交換して、各部注油とグリスアップで修理完了。

山坂道を30kmほど走ってきたが、すこぶる調子がよい。

新品の時よりも変速レスポンスが向上している。

セレクターキーの摺動部へのグリスアップや遊星ギヤのシャフト受けへの注油、各摺動部やギヤ当たり面へのグリスアップ、ベアリングへのグリス充填といった作業を丁寧に行ったのが良かったと思われる。

今回分解して気付いたが、トルクが掛かった状態で変速するとセレクターキーを破損しやすい構造だ。

キーの動きをスムースにするため、コグとギヤユニットとの連結には予めガタが設けられている。

シフトアップ時はこのガタのお陰でセレクターキーへのストレスはほぼ無さそうだが、シフトダウン時はキーの動きまで意識してペダリングする必要がある。

| | トラックバック (0)

«Pacific Cycles CarryMe DS 2008