2016.06.22

ツール・ド・フランスを観るために、J Sportsを契約せねば

ランプレメリダ所属の新城幸也選手が、来月開催されるツール・ド・フランス(TDF)の出場メンバー入りをした。

2月のツアー・オブ・カタールで強風に吹き飛ばされて大腿骨を骨折し、今シーズン前半は絶望的とも言われていたが、わずか三ヶ月半で回復してレース復帰した。

復帰後の緒戦となったツアー・オブ・ジャパンでは、南信州ステージでゴール前スプリントに絡んで関係者を驚かし、さらに伊豆ステージでは最終周回で先頭集団から飛び出して優勝した。

東京ステージでも、すは2連勝!?と思わせる走りで、あの大怪我からたった三ヶ月半での復帰レースにもかかわらず大活躍して、その超人振りとレベルの違いを日本のファンに見せつけた。

8月のリオオリンピックの自転車ロードレース日本代表にも選出されている。

あとは悲願のTDF出場が決まれば最高。
そして、昨日ランプレメリダがTDFメンバーを発表し、新城選手の名もその中にあった。
おめでとう!

Yukiya_arashiro2016

ピンぼけ写真で恥ずかしいが、復帰戦となったツアー・オブ・ジャパンで撮影した新城幸也選手。

Yukiya_arashiro_2016

わが家は新城選手と小輪ちゃんの大ファンなのです。
来月はJ SPORTSを契約して、家族そろって新城選手を応援します。

| | トラックバック (0)

2016.06.15

シューズボックス

家族が多いと、衣類もそれなりの量になる。

四半世紀も前に仕立てたスーツなんて棄ててしまえばいいのだが、特に痛んでいるわけでもないのでなかなか踏み切れない。

子供服もブランド物となると、ついつい保管してしまっている。
ニーズはあるので、フリマで処分することもあるのだが、オイリリーやK.L.C.といった今は無きお気に入りのブランドのものは、そう遠くはないだろう孫のために取っておきたくなるものだ。

そんな訳で、衣類があふれ出している。

特に、靴が退っ引きならない状況となった。

180×90cmという、それなりに大きな下足入れがあるにもかかわらず、かなり足りない。

そこで、下足入れの上のスペースにシューズボックスを重ね置くことにした。

また、新たに棚をしつらえて、下足入れの上に積んであった箱入りの靴を移動した。

玄関の収納スペース見直し

下足入れの上面スペースは高さ63.2cmで、横幅90cm、奥行きは39.5cmある。

この大きさだと、IKEAのSKUBBシューズボックスが、ちょうど16個きっちりと収まることがわかった。

他に入り様な物もまとめて、日曜日に立川のIKEAで買ってきた。

棚は毎度おなじみのSPF材を使用して、カインズホームオリジナルのステンレス製棚受けと組み合わせた。

ステンレス製の棚受けは高価だが、カインズホームの品は21cmが400円程度と割安だ。

やや変則的な取り付けで強度はイマイチだが、靴は軽いので問題ないだろう。


SKUBBシューズボックスは、28cmサイズのハイカット・スニーカーを納めることが出来るので、ハイカットモデルのスニーカーをすべて下足入れから移すことが出来た。

それでもサイクリング用シューズや次女のダンスシューズまでは収まりきれなかった。

棚の上面スペースはSKUBBシューズボックスに合わせたので、またIKEAで調達してこようと思っている。

| | トラックバック (0)

2016.05.16

プリントサーバー新調

バッファローのリンクステーションへリコーのレーザープリンター(IPSiO SP 4000)をUSB接続してネットワークプリンターにしていたのだが、リンクステーションのHDDが壊れてしまった。

アイ・オー・データ機器のネットワークサーバーも運用していたのだが、呼応するかのように壊れてしまった。

仕方がないので、安くなっていたNETGEAR ReadyNAS 102Seagate 4TB 2台で新しいサーバーをあつらえたのだが、プリンターサーバー機能が無かった。

バーチャルUSBアプリケーションをインストールすることで、ReadyNASへUSB接続したプリンターをクライアントPCから利用することは可能なのだが、バーチャルUSBのクライアントアプリケーションがシェアウェアだった。
クライアント1台のみ無償利用可能となっているのに、使用期限が過ぎたのでレジストせよとなって使えなくなった。
サポート掲示板を覗くと、同様の現象の報告がポストされていたが、環境の問題なので諦めろってことらしい。

カラー印刷用に使っているEPSON PM-T960がネットワークプリンターなので当座はなんとかなるのだが、郵送する書類はレーザープリンターで出力したい。

I-O DATA ET-FPS1L

そこで、プリントサーバーを別途あつらえることにした。

調べてみると、パラレルポート接続のI-O DATA ET-FPS1Lというモデルが安価に入手しやすいことがわかった。

14年前の製品だが、プリンターも10年前のものなので最新モデルよりも適当だろう。

プリンターのパラレルポートに接続してLANケーブルと電源を接続すれば、ルーターからIPアドレスが自動で割り振られたようだ。
ET-FPS1Lのテストプリントボタンを押したところ、テストプリントシートが正常に印刷された。
そこにET-FPS1Lの現状ステータスがすべて印字されている。

ネットワークに接続されたパソコンのウェブブラウザで、ET-FPS1Lのテストプリントに表示されているIPアドレスを開くと設定ページが表示された。

IPSiO SP 4000のプリンター設定で、ET-FPS1LのIPアドレスを指定したTCP/IPポートを追加した。
取扱説明書に従い、プロトコルはLPR、キュー名にlpt1、LPRバイトカウントは有効とした。

ワードとエクセル、それぞれの書類をテストプリントすると、今まで通り印刷することができた。

ReadyNAS 102が一般的なプリントサーバーとして使えないというのは誤算だった。
ET-FPS1Lで代替して、安価にリカバリーできたのは幸いだ。

| | トラックバック (0)

2016.05.14

ネコバスとトトロ

予備のスタッキングチェアと一緒にパーテーションの向こう側に仕舞われていたネコバスのぬいぐるみを引っぱり出した。

長女が生まれた頃に、開業したてのヴィーナスフォートでトトロのぬいぐるみと一緒に買い求めたものだ。

当時は娘のソファーの代わりになるかもと思っていたが、子供たちも大きくなって、持てあますようにパーテーションの陰へ追いやってしまっていた。

なんとなく思い出し、仕舞っておいても仕方ないと、天井にハンモックを張ってのせてあげた。

ちなみに、トトロの方は普段使いできない椅子に座らせて、玄関先で家族の見送りと出迎えをしてくれている。

トトロとネコバス

| | トラックバック (0)

2016.04.26

ピストホイールを組む

わかりやすくピストホイールと銘打ったが、トラック競技用の正式なものではなく、エンド幅130mmのロードバイクフレームで使用できる固定ギヤの700cクリンチャータイヤ用ホイールを組むことにした。

十年前にこちらのエントリーでチェーンテンショナーの無いフレームを固定ギヤ化する方法に触れた。

そのとき紹介した、偏芯シャフトを持つWhite Industries社のハブ(Eric's Eccentric)を使ってホイールを作る。

リムはKINLINX-KEYMET XR-19W、スポークはホシ・ステンレス15番にブラスニップルとした。

ハブがとても高価なので、全体予算を抑えるために、リムやスポークはシルバーカラーの中で必要十分な仕様の安価なモデル。

実はこのホワイトインダストリーズのハブは何年も前に入手したものだ。

固定ギヤのホイールは、トラック用デュラエースハブをオールド130mmに改造したチューブラーリムのものと、3速の内装ギヤのクリンチャーリムのものを持っていることもあって、ホイールにはしていなかった。

ようやく形にすることにした次第。

| | トラックバック (0)

«新春ポタリング